212019.03

1日中ふくおかスポーツで盛り上がろう



篠原信一さんが、爆笑トークで参戦!

福岡の地域スポーツ振興と国際大会開催の応援を目的に、「1日中ふくおかスポーツで盛り上がろう」と題したイベントが、3月21日にエルガーラホール8階大ホールで行われました。
今回のイベントの目玉は、なんといってもシドニー五輪柔道銀メダリスト・篠原信一さんのトークショー!! 歯に衣着せないトークが生で聞けるなんて、とてもワクワクします。

トークショーは13時からですが、イベントは11時からスタートしているので、開場と同時に潜入!オープニングイベントは、ART書作家の中島美紀さんによる書道パフォーマンスです。
中島さんはニューヨークほか、世界各地で書道パフォーマンスを披露している若手&美人書作家さん。洋楽にあわせて、畳約2枚分の大きな紙に、「POWER SPORTS ART」、「世界へ 東京へ 創造」と一気にしたためました。全身を使って書き上げる姿は、同性から見ても惚れ惚れするかっこよさ。午後から行われる書道教室にも、人が殺到しそうです。

続いて、スポーツ応援シンボルの天野なつさんが登場。
天野さんは、アイドルグループ「LinQ」時代にダンスの練習に打ち込み、両足の全十字靱帯を断裂して1年間休業したことがあると告白! かわいらしい姿の影に隠されたエピソードに、とても驚かされました。ご本人も陸上経験者であり、アスリート並の経験をした天野さんなら、応援シンボルは適任ですね。

続いては、、福岡エンターテイメント集団「トキヲイキル」がライブパフォーマンスで盛り上げます。スポーツ応援テーマソング「セツナイロ」と「大閃光」の2曲を披露。会場には彼女たちのファンが多数来場し、ライブ会場さながらの熱気で、声援を送っていました。

フィールドエリアでは、元アビスパ福岡、日本代表経験者の山下芳輝さん(マーベラス福岡フットボールクラブコーチ)が、幼児~小学生相手にサッカー教室を開催しました。現役時代を知る親世代は、とても贅沢な時間だとわかっているのですが、子どもたちはプレーに夢中。ボールを使った鬼ごっこなどで30分走り回わり、球技の楽しさを体得していました。

後半は、ブラインドサッカー女子日本代表/ラッキーストライカーズ福岡選手である全盲の樋口史織さんとラッキーストライカーズ福岡キャプテンの草野剛さんがブラインドサッカー教室を開催。山下さんも、初めてアイマスクを付けてブラインドサッカーを経験し「ヤバイ、ヤバイ!これは怖い」を連発。山下さんの姿から、見えないとこれだけ感覚が違うことが、ヒシヒシと伝わってきました。ブラインドサッカーを目にする機会が少ないため、子どもたちにとっても貴重な時間となりました。

メインイベント、篠原信一さんのスペシャルトークバトル

そうこうしているうちに、時間は13時に。本日のメインイベントの始まりです。
「どうも、どうも~」と明るいテンションで登場した篠原さん。190cm、105kgの大きな身体は、ステージ下からでも大きい!!とわかります。

「ヘラクレスとか彫刻とか言われるけど、いい男でしょう。現役時代は130kgあったんですが、今は105kgまで落ちました。全然ブヨブヨしてないでしょう。動けるデブです」と、会場を爆笑に誘います。テレビで見る、親しみやすいイメージそのままでしたよ。

ステージには篠原さんのほか、サッカー山下さん、キックボクシングトレーナーの中野陽子さん、山本朋未さん、ハンドボールトップリーグ「GOLDEN WOLVES」GMの栗崎純一さんも登壇し、賑やかなトークバトルとなりました。国際試合の経験が豊かな篠原さんは、福岡市も会場となる2019ラグビーワールドカップや2020東京オリンピックパラリンピックでホストタウンになる福岡県民に向けて「どんどん日本語で質問したらいいですよ。僕も外に出かけて日本語でガンガン話しかけていましたが、雰囲気で伝わるんですよね。親切にしてあげてほしい」とアドバイスを送りました。また、大会やロケなどで度々来福していることから「うどんも好きだけど、ラーメンを食べちゃうんですよね。この歳になると(福岡名物の)鶏料理がいいですね。見かけたら、話しかけてもらって構いませんよ」と、福岡通でフレンドリーな一面を覗かせました。

フィールドエリアでは多彩なスポーツ体験イベントが

この後も、ステージでは東京五輪の公式マスコットキャラクターなどのデザインを手がけるキャラクターデザイナーの谷口亮さんがART書作家の中島美紀さんとアーティスト同士トークセッションを行いました。

フィールドエリアも、ボルダリングジムhoahoaの体験教室、キックボクシングの中野トレーナーと山本トレーナーによるキックボクシング教室、一社)こどもカルチャーEducationより、渡邊裕子先生によるこどもヨーガ教室、一条みすずさんによるフィットネス教室、多彩な体験イベントで盛り上がりました。

初めて体験するスポーツに触れた方も多いように見受けられ、大人から子ども、おじいちゃんおばあちゃんまで充実した休日を過ごされたのではないでしょうか。

会場外のホワイエでは2019ラグビーワールドカップPR展示にて選手パネルと写真を撮る人や、オリンピック福岡ホストタウンについての展示もあり、「福岡は全国2番目の海外国受け入れ数を持つ県であることを初めて知った」と語る人もいました。

日々の充実、心身の健康維持のためこのイベントの体験がきっかけとなり、日常にスポーツの機会を持つ方が増えてくれたらうれしいと開催スタッフも語ってくれました。

6時間に渡って行われた、第1部のスポーツ体験アスリート祭。これだけ様々なスポーツに触れ、アスリートと交流できる機会はそうそうないなと感じました。来場者の多くが、お子さん連れだったので、地域のスポーツ振興に一役買ったことでしょう。
今年はラグビーワールドカップ日本大会の開催イヤー。福岡も開催都市として9月20日の開幕に向けて、これを機に盛り上がりが加速しそうです。

エルガーラホールでは、これからも体験型イベントを開催していきます。福岡市営地下鉄天神南駅からすぐと、アクセスも抜群! ぜひご家族揃って来場くださいね。